スマートな冊子印刷を依頼するコツを伝授!業界の豆知識

printing

構成やデザインなどこちらで決めよう

協友なら冊子印刷が簡単にできるのです!全国フルサポートで、自社工場ですので、大量格安生産が可能なのです!印刷前に完成本を見ることも可能ですので、ぜひご利用してみてはいかがでしょうか?


冊子印刷を目的に冊子制作会社へデザインを全ておまかせすることもあるかと思いますが、基本的には依頼する方がデザインやテンプレートのものは、あらかじめ決めておいた方がスムーズにはいきます。パンフレットなど、企業内容が多少変わったり、実績が増えたりなどして、また新たに新しいパンフレットを冊子印刷依頼することもあるかと思います。そういったときに、こちらで初めにデザインやテンプレートを用意しておくと、改訂がしやすくなりますし、制作会社も、1からデザインして、また改訂して、のレスポンスが増えることがないので、やりやすくなってくるかと思います。また、全て制作会社におまかせをしたり、オーダーメイドになりますと、こちらが100%納得いくものにならない場合、その都度希望に合ったものを作り直していただくことになるので、制作期間や予算も増えてしまい、完成するまでかなりの期間がかかってしまいます。オススメとしては、絵心のある方や、知り合いのデザイン関係の方にデザインや構成を考えていただいたものに、こちらが記載したい項目を合わせて、データでお送りする形が一番良いかと思われます。やはり、作ってくれる方も、依頼者も納得いくものに仕上げるのがベストかと思います。冊子印刷を依頼する際は意識しておきましょう。

冊子印刷のススメ

冊子の印刷に関して、様々な業者があり悩みますよね。けれど、印刷をする、となった際に一番気にかけるのは恐らく「仕上がり」だと思います。どんなに安く、たくさん印刷が出来ても、印字が読めなければ意味はありませんし、インクのにじみのようなものが目立てば、読み手さんは読む気をなくしてしまうかもしれません。
なので、印刷は印刷でも、冊子印刷を頼むのであれば、まず最初にこだわって探したいのは「キレイな印刷が可能かどうか」ではないでしょうか?業者さんにお願いするにあたって、キレイに印刷されると評判の良いところをいくつか見つけ、その中で予算が自分に、また、印刷したいものに見合うかどうか?そして、その業者さんの提供するサービスやシステムがわかりやすいか、不透明な部分はないか…。
このように、順を追ってみていくことが大切である、とご提案させて頂きます。もしも、冊子印刷を以上の手順を踏み、お願いしたにも関わらず、印刷が汚かったりしたら、大損になってしまいます。ですから、満足のいく品質でなかった場合に保証が付く場所や、やり直しの利く場所、やり直しても大した値段にはならない場所、と言うのも、
冊子印刷の決め手となるのかもしれませんね。

様々な要望が叶う冊子印刷

冊子を美しく仕上げたいと考えた場合に、有効な方法が冊子印刷です。依頼をする為には、まとまった冊数の注文が必要になると考える人もいるでしょう。
確かに、業者によっては50部からや100部からとなっている事も多くなっています。ですが、現在は1冊からも可能となっている業者もあり、気軽に冊子印刷を依頼する事ができます。勿論、1冊のみの依頼の場合、料金はかなり割高となりますが、思い出を綺麗な冊子として残しておきたい、記念に1冊だけ本を作りたいという場合等、便利に活用する事ができます。部数は多くなる程、1冊あたりの単価が安くなります。配布の為の冊子を作る場合は、こうした単価等も考え、冊数を選んでいくと良いでしょう。更に、最近では入稿から納品までの日数が短い業者が増えてきています。
納品までの日数は業者によって異なりますが、最短であれば翌日に出荷をして貰う事ができるようになっており、早ければ入稿から2日から3日で冊子が手元に届く事になります。
ですから、急いで冊子が必要な場合にも便利です。ただ、早めに入稿をすれば割引を受けられる業者もある為、少しでも安く冊子を作りたいと考えるのであれば、こうした冊子印刷割引を利用しておく事がおすすめです。

ネットから出来る簡単激安冊子印刷

かつてに比べると随分お安く、そして1冊からという少ロットでオーダーできるようになったのがネットオーダーによる冊子印刷。しかし直接冊子印刷業者とお話するのではなくネットで注文となるとやや不安に思う方も多いでしょう。よりスピーディーにオーダーできるようあらかじめ決めておいてほしい部分を紹介します。 まずはページ数。8ページ、12ページや40ページなど冊子のページ数を把握しておきましょう。ネットでの印刷オーダーの場合はpdfデータが主流でありますがその他のデータ形式であっても業者によっては受付してくれますので一度確認しておきましょう。続いてサイズと紙質も決めておくと良いですし、表紙の加工も上質紙やマット紙、PP加工をすることも可能です。ただし、PP加工は色見が変わりやすいことと用紙が反ってしまう可能性があるという事を知っておきましょう。そして綴じ方向は決まっておりますか?通常は横書きの場合は左綴じで、縦書きの冊子の場合は右綴じとなっておりますので確認しましょう。さらに表紙の裏には何か印刷するのかというのも、表紙の材質が異なる場合には影響が生じますのであらかじめ確認です。また、穴あけや角丸加工も必要でしたら業者に伝えることを忘れずにしましょう。 激安であっという間に数日で完成できる最近の冊子印刷。気軽に一度オーダーしてみてはいかがでしょうか?

冊子印刷を上手く利用しましょう

冊子印刷といえばカタログや教材等以外と幅広い分野で使われていて無くてはならない物です。冊子印刷を頼む場合、予算や納期を考えて一番合った印刷店を選びたい所ですがではどのような選び方をすれば良いのでしょうか。まず予算を考えた場合印刷をモノクロかカラーどちらにするか悩む所です。一部カラーもできるので…

MORE

POST LIST

TOP